コラーゲンを保護するには|抗炎症作用や角栓の除去効果が魅力のニキビ化粧水

抗炎症作用や角栓の除去効果が魅力のニキビ化粧水

コラーゲンを保護するには

ウーマン

コラーゲン分解酵素とは

40代の女性の多くがアンチエイジング用の化粧品を使っています。そうした化粧品を使用することによって、40代になり保湿力が弱まってきた肌の水分が失われることをある程度抑えることができます。ですがせっかく40代向けのアンチエイジング用化粧品を使うなら、単に保湿成分を補うだけの化粧品よりも肌のメカニズムにのっとってアンチエイジング効果を発揮するような化粧品を選びたいものです。40代の女性の肌ではコラーゲンなどのうるおいとハリを保つ成分が減少していることが知られています。コラーゲンが減少してしまうのは、コラーゲン分解酵素という酵素の作用によるものです。そのため、コラーゲン分解酵素の働きが活発にならないよう注意することが必要です。

コエンザイムQ10など

コラーゲン分解酵素が働くとコラーゲンが分解されて減少してしまいますが、もともとコラーゲンにはいくつもの種類があり分解酵素もそれぞれに対応しているので、本来であればそれほど心配するようなことではありません。しかし40代女性の肌は20代の頃と比較すれば免疫力も下がっているので、活性酸素によるダメージを受けやすくなっているのです。このため、単に化粧品で保湿しただけではコラーゲンの分解を防ぐことが難しくなっています。コラーゲン分解酵素を抑制するためには活性酸素対策が重要になります。40代女性のための化粧品には、この活性酸素に対抗できるようコエンザイムQ10などの有効成分を配合したものがあります。こうした化粧品を使うことでコラーゲンの分解を防ぐことが可能なので、コエンザイムQ10配合の化粧品は40代女性から大いに注目されています。